• 歯の見た目(審美性)を整える治療法です
  • 見た目だけでなく、機能性も重視します
  • 金属を全く使わない『メタルフリー』なら、金属アレルギーの方にも安心です

セラミック治療について

守口市の歯医者、ともや歯科ではセラミック治療に力を入れております。
一般的に良く知られている言葉ではない「セラミック治療」ですが、そもそもどのような治療かご存知でしょうか。
日々の生活でむし歯が出来てしまった時、むし歯になってしまった部分と歯を大きく削る必要があります。
この削ってしまった部分を補う人口の被せ物・詰め物にセラミック素材を使用することをセラミック治療と言います。
一般的な保険診療では、被せ物・詰め物には銀歯やプラスチック素材の使用しか認められておりませんが、実は保険適用の銀歯には、様々なデメリットもあります。
本ページではともや歯科のセラミック治療と被せ物・詰め物の治療について分かりやすく解説をしていきます。

セラミックと銀歯について

銀歯は保険が適用される被せ物・詰め物ですが、保険適用だから安全というわけではありません。
もちろん銀歯そのものに欠点があるわけではありませんが、お口の中に入ったときに様々なリスクが発生してしまう素材です。
まずは銀歯について深く理解しましょう!
守口市のともや歯科が分かりやすく解説いたします。

銀歯の特徴について

  • 01:平均的な耐久年数は5年前後と言われています。

    お口の中は酸性の唾液で常に満たされており、被せ物や詰め物にとっては非常に厳しい環境です。
    特に銀歯は唾液によって劣化してしまう素材で、平均的な寿命は銀歯の詰め物で5年、被せ物で8年と言われております。

  • 02:金属アレルギーのリスクがあります。

    多くの人が勘違いをしていますが、銀歯は純銀ではありません。
    銀歯の正式名称は【金銀パラジウム合金】で、銀以外にも様々な金属が混ぜ合わされております。
    銀歯成分としては、銀50%、金12%、パラジウム20%、銅20%といった内訳になっており、この中のパラジウムという素材が金属アレルギーのリスクを持っているのです。実際に金属アレルギーを引き起こしてしまうと、痒みや腫れ、湿疹に繋がります。
    また、症状がひどい方の場合は、抜け毛や内臓疾患に繋がってしまう場合もあります。

  • 03:むし歯の再発率が高い素材です。

    銀歯は保険が適用される代わりに、治療に当たる際に使用する素材にも制限がかかります。
    原価のかかる精密な素材の使用は認められておらず、様々な制限の元治療を行う必要があります。
    その影響が最も出るのが歯の型取りで、正確な歯の型を取っても素材によっては若干伸縮してしまうことがあります。
    ほんの僅かでも歯の型取りにズレが生じるとその隙間から虫歯菌が入ってしまい、虫歯の再発を引き起こします。
    むし歯の再発を繰り返すと、最終的には自身の歯を失ってしまうことになるので、注意が必要です。

セラミックの特徴について

  • 01:平均的な耐久年数は10年以上です。

    セラミック素材は陶器の素材を使用しており、表面に傷が付きづらく耐久性の高い素材です。
    また、プラスチック素材の場合は、水分を吸収してしまいますので、徐々に黄ばんでいくというデメリットがありますが、セラミック素材はそのような心配は一切ありません。
    しかしセラミック素材を使用しているからと言って自宅でのケアを怠ってしまうとすぐに素材はダメになってしまいます。
    高品質な素材を長持ちさせるためには、日々のセルフケアも重要です。

  • 02:金属は一切使用しておりません。

    セラミックの詰め物・被せ物にはプラスチックはもちろん、金属は一切使用されておりません。
    当然金属アレルギーのリスクは一切ありません。
    また、耐久面でも唾液による腐食もないため安心して使用し続けられる素材です。
    ともや歯科では、ガラスのような透明感を誇るe-max、高い強度を持つジルコニア・ゼノスタークラウンを取り扱っております。
    患者様のかみ合わせ食いしばりを踏まえて最適な被せ物・詰め物をご提案させていただいております。

  • 03:むし歯の再発サイクルから抜け出すことが出来ます。

    セラミック治療は保険適用外の治療となります。
    保険適用の場合は使用できる型取り材料も決まっていますが、適用外のセラミック治療は収縮や膨張しづらい高性能な素材を使用することが出来ます。
    結果として被せ物や詰め物と歯をぴったりと密着させることが可能になり、むし歯の再発リスクを大きく下げることが出来ます。
    銀歯を選択されて、再治療となり、さらにむし歯が再発して、というサイクルに陥ってしまうと最終的にご自身の歯を抜くことになります。セラミック治療はむし歯の再発サイクルが抜けだすことの出来る高精度高品質の被せ物・詰め物治療です。

ともや歯科のセラミック治療

E-MAXクラウン(2年保証)

¥53,000(税別)

  • 見た目

  • 安全性

  • 耐久性

E-MAXクラウンはガラス素材を使用した、金属を一切しようしないオールセラミッククラウンです。見た目が天然の歯とほとんど変わらないという特徴を持ち、汚れも付きにくい被せ物です。
ジルコニアクラウンと比較すると若干耐久性には劣る為、主に前歯に使用されます。
食いしばりのない方には臼歯にも適用が可能です。

ゼノスタークラウン(2年保証)

¥53,000(税別)

  • 見た目

  • 安全性

  • 耐久性

ゼノスタークラウンは人口のダイヤモンドとも呼ばれるジルコニア素材を使用した非常に強度の高い被せ物です。
単色の被せ物になる為、e-maxクラウンよりも審美面では若干劣ります。天然の歯よりも固い素材の為、主に強い力のかかる臼歯に適用されます。

ジルコニアセラミッククラウン(2年保証)

¥81,000(税別)

  • 見た目

  • 安全性

  • 耐久性

ジルコニアセラミッククラウンは最高強度を誇るジルコニアクラウンの外側に透明感のあるオールセラミックを盛りつけることで、強度と見た目の両立を達成した最高品質の被せ物です。
歯ぐきとの境目が綺麗になり、被せ物をしているということが他の人から分かりません。

ゼノスターインレー(2年保証)

¥33,000(税別)

  • 見た目

  • 安全性

  • 耐久性

ゼノスターインレーは最高クラスの強度を誇るセラミックの詰め物です。E-maxインレーよりも固く、虫歯になりにくいという特徴を持ちます。歯の型取りも精密な素材を使用することが出来る為、2次的な虫歯を防ぐことが出来ます。

E-MAXインレー(2年保証)

¥33,000(税別)

  • 見た目

  • 安全性

  • 耐久性

E-MAXインレーは詰め物の中で最も透明感があり、自然に見える素材です。こちらも金属を一切使用しないセラミック素材の為汚れも付きにくく、長持ちしやすいという特徴を持ちます。耐久性ではジルコニアインレーに劣る為、主に強く力がかかりすぎない小臼歯に適応されます。

どうしてこの価格でセラミック治療が出来るの?

e-maxクラウンの全国的な平均的な価格は8万円~12万円。
ジルコニアセラミッククラウンは10万円以上の費用がかかります。
守口市のともや歯科では、手が届きづらい価格の高品質セラミック治療をより多くの方に提供したいという想いから5万円前後で提供しております。
もちろん品質を落としてリーズナブルな被せ物・詰め物治療を提供しているわけではございません。
業界の中でも大手の歯科技工所(歯の被せ物・詰め物を制作している所)と契約することで、同じ被せ物・詰め物素材を使用する場合でも原価の費用を最小限まで落とすことで、この価格での治療の提供が可能となりました。

  • これまで銀歯を入れてきて上手く笑顔が作れなくなった
  • 銀歯を入れては再治療の繰り返しになっており、歯を守りたい

という方は是非この機会にセラミック治療をご検討下さい。

一般的な歯科医院の場合

  • 技工所

    依頼 制作

    歯科医院

  • 技工所

    依頼 制作

    歯科医院

  • 技工所

    依頼 制作

    歯科医院

ともや歯科の場合

  • 業界大手の大型技工所

    依頼 制作

    歯科医院

    連携

    歯科医院

    連携

    歯科医院

たくさん
作れるなら
コストダウン
できる

お気軽にお問い合わせください

タップして電話する0669048113

診療時間 9:00~13:00 / 14:00~18:30
(土曜日午後は18時まで)

無料メール相談