歯周病治療「歯周内科」 歯周病治療「歯周内科」-スマホ版

お薬を使った歯周病治療

  • お薬と歯磨きで歯周病の原因菌を無くします
  • 気になる口臭や起床時のお口の不快感も改善
  • 外科的治療不要(歯周病の進行が著しい場合は、外科的治療が必要な場合もあります)だから痛くない

飲み薬やうがい薬、歯磨きだけで歯周病の原因菌を無くす治療法です。痛みもなく治療期間も短期間ですみます。

お薬を使った歯周病治療法

お薬イメージ

歯周病の原因となる細菌を特定し、その細菌に効果のあるお薬を服用して体の内側から歯周病を治療します。

また、特殊なうがい薬や歯磨き粉などで、体の外側からも細菌を除去していきます。

基本的に歯肉を切開するような外科的治療が不要(症状により必要な場合もあります)なため、 痛みもなく身体的負担の少ない治療です。

『歯周病は薬で治る!!』 生田 図南 著  天の草社 (平成21年度版)に当院が紹介されています。

治療の流れ

位相差顕微鏡での検査

原因菌の検査・特定

歯周病の原因菌を特定するため、お口の中の汚れを採取し、位相差顕微鏡で確認します。

内服薬の服用

お薬の服用

お薬での治療が有効だと判断した場合、内服薬を処方し、3日間服用して頂きます。

うがい薬などの併用

うがい薬や歯磨き剤の使用

必要に応じてうがい薬または歯磨き剤を処方しますので、内服薬と併用してご使用頂きます。

歯石の除去

除菌後、歯石除去

除菌後は、歯周病の原因菌が再発しないよう歯石を徹底的に除去します。

  • 検査結果によりお薬での治療が有効でない場合がございます
  • お薬での治療が必要ない、と医師が判断する場合もございます

治療開始から1週間後の自覚症状の変化

歯周病自覚症状の変化

国際歯周内科学研究会監修 「顕微鏡検査のススメ」より引用

治療後の再発防止

歯周病は細菌による感染病のため、再感染する場合があります。
再感染を予防するためには、正しいブラッシングはもちろんのこと、歯科医院での定期的な検診とプロフェッショナルクリーニングが必要です。

詳細は予防歯科のページへ

ページトップへ