矯正歯科 矯正歯科-スマホ版

矯正歯科

  • 抜歯せずに矯正治療が可能な場合があります
  • 1、2本の歯を短期間で動かす小さな矯正治療も可能です
  • 状況に合わせた矯正装置を選択頂けます

2016年 無料矯正相談会

  • 7月2日(土)16:00~
  • 8月6日(土)16:00~
  • 9月3日(土)16:00~
  • 10月1日(土)16:00~
  • 11月5日(土)16:00~
  • 12月3日(土)16:00~

矯正担当医

矯正担当医
■ 名前 Dr.長濱
■ プロフィール
H7年 大阪歯科大学卒業
同年 同大学歯科矯正学講座 入局
H9年 長濱歯科医院(尼崎市)院長就任
H16年 カナデンタルクリニック(心斎橋)に移転開業

悪い歯並び(不正咬合)の種類

上顎前突

上顎前突

上の前歯が大きく前に突き出している状態で、一般的に「出っ歯」といわれます。

下顎前突

下顎前突

下の前歯が大きく前に出ている状態で、一般的に「受け口」といわれます。

叢生

叢生

歯並びが凸凹している状態のことです。

開咬

開咬

上下の前歯が噛み合わず、すき間が開いている状態のことです。

空隙歯列弓

空隙歯列弓

歯と歯の間にすき間があいている状態で、一般的に「すきっ歯」といわれます。

過蓋咬合

過蓋咬合

上の前歯が下の前歯にかぶさっている状態のことをいいます。

抜歯をしない矯正治療

従来の治療法では、顎のスペースを広げるために、健康な歯を抜く必要がありました。
しかし、最近では歯列の幅を横に広げたり、奥歯を奥にずらすことによって顎のスペースを作り、 歯を抜かずに矯正治療を行うことが可能になりました。

※お口の状況により対応できない場合もございます

歯列の幅を横に広げる場合の矯正例

非抜歯矯正前

不正咬合の状態

非抜歯矯正-横へずらす

歯列の幅を横に広げます

非抜歯矯正後

治療後イメージ

奥歯をずらす場合の矯正例

非抜歯矯正前

不正咬合の状態

非抜歯矯正-奥へずらす

奥歯を奥へずらします

非抜歯矯正後

治療後イメージ

1、2本だけ歯を動かす小矯正(MTM)

歯が1本だけ飛び出ている、など歯列全体の矯正ではなく、数本だけの矯正治療のことです。
通常の矯正治療と比較し、短期間でできます。

小矯正の治療例

MTM挺出

引っ張り出す

MTM圧下

引っ込める

MTM歯体移動

移動させる

MTM傾斜移動

傾いた歯を起こす

MTM回転

回転させる

矯正装置の種類

メタルブラケット

メタルブラケット

最も一般的な矯正装置です。金属製のワイヤーを使用し、薄くて丈夫です。

審美ブラケット

審美ブラケット

白または透明色ブラケットで、目立ちにくいことが特徴です。

裏側矯正

裏側矯正

歯の裏側に矯正装置をつける方法です。表面上は矯正装置をつけていないように見えますので、見た目が気になる方も安心して使用頂けます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース型の取り外し可能な矯正装置です。目立たず、取り外して歯磨きなどが出来るため、衛生面でも優れています。

ページトップへ