小児歯科 小児歯科-スマホ版

小児歯科

  • テレビやDVDを見ながらの治療だから怖くない
  • 可能な限り痛みを抑えた治療を行います
  • キッズスペースも完備。来院することが楽しくなる歯医者を目指しています

無料託児サービスでお母さんも安心です

キッズスペース付診療室

お子さん連れのお母さんもゆっくり治療を受けて頂けるよう、当院スタッフがお子さんをお預かりさせて頂きます。

キッズスペース付の診療室は、お母さんが治療している横でお子さんが遊べますので、 お母さんもお子さんも安心です。

お子さんが楽しく来院できるような取り組み

お子さんの写真

写真の掲示

頑張って治療したお子さんには写真撮影し、院内に掲示させて頂いています。

キッズスペース

キッズスペース

待合室にはおもちゃや絵本が揃ったキッズスペースをご用意しています。

テレビ・DVD

テレビ・DVD

治療中は、お子さんが大好きなアニメを流して、治療への恐怖心を取り除きます。

お子さんの虫歯治療

サホライド

通常、虫歯の治療には歯を削る必要がありますが、泣いてしまい治療が難しいお子さんには、 応急処置として虫歯の進行を抑制するフッ素(サホライド)を塗布する場合があります。

虫歯と反応して歯が黒くなる副作用はありますが、初期の虫歯の場合は、歯を削らずにすみます。

お子さんの虫歯予防

シーラント

奥歯は溝が深く複雑な形状をしています。 また歯ブラシも届きにくく一番虫歯になりやすい場所でもあります。

そこで、奥歯をきれいに清掃した後、 溝部分に樹脂を流し込むことで虫歯を予防する方法をシーラントといいます。

お子さんの矯正治療

歯列育形成

歯並びが悪くなる原因の一つは「顎が小さいこと」です。
正しい位置に永久歯が生えるためには、顎の骨を広げ永久歯が生えるスペースを作る必要があります。

小さなお子さんの場合、顎の骨も成長段階にありますので、顎の成長を助ける装置を取り付けることで、 自然に顎の骨が広がり、永久歯が正しい位置に生えるスペースを確保します。

この方法のことを『歯列育形成』といいます。

Q&A

Q、フッ素を塗布すると歯が黒くなるのですか?

フッ素は、予防が目的のフッ素と虫歯の進行を抑えるフッ素の2種類があります。

予防目的のフッ素は塗布しても黒くなりませんが、虫歯の進行を抑えるフッ素は虫歯と反応して黒くなります。

Q、乳歯の虫歯は治療しなくても大丈夫ですか?

3歳頃には乳歯の下に永久歯が成長し始めています。

虫歯を放置していると永久歯が変色したり歯並びが悪くなるといって悪影響を及ぼすこともありますので、乳歯でも虫歯治療を行う必要があります。

Q、矯正治療を何歳から始められますか?

矯正治療をある程度理解し、本人が了承しているのであれば、早ければ3歳からでも矯正治療は始められます。

但し、お子さんの骨格や歯の状態により治療を開始する最適な時期は変わってきますので、 まずは定期的に検診を受け、その都度ご相談されることをお勧めします。

ページトップへ