インプラント インプラント-スマホ版

人工の歯『インプラント』

  • 失った歯を人工歯根で代替させる方法です
  • 天然の歯と同じような機能と審美性を取り戻すことが可能です
  • 骨の高さが足りず他院で断られた方も治療可能な場合があります

当院は、『ともやインプラントセンター』を併設し、 インプラント臨床経験の豊富な院長を始め、インプラント専門医の2名で、患者さん個々に最適なプランを提供させて頂いております。

失った歯を人工的に取り戻すインプラント

インプラント

歯を失った部分に「人工歯根(インプラント)」を埋め込み人工歯をつけることで、 天然の歯と同じような噛み心地、自然な見た目を取り戻す方法です。

歯を失ってしまうと、顎の骨が次第に痩せていきますが(骨の吸収)、インプラントの埋入により顎の骨の吸収を防ぐことが出来ます。

治療の流れ(2回法の場合)

インプラント埋入

インプラント埋入
(1回目の手術)

歯肉を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込みます。骨がインプラントと結合するまで、3ヶ月~6ヶ月の期間をおきます。

アバットメント装着

アバットメント装着
(2回目の手術)

インプラントと顎の骨がしっかりと結合後、再度歯肉を切開しアバットメントを装着します。

人工歯製作(技工)

人工歯の製作

最終的に装着する被せ物を作るため型を取り、人工歯を製作します。

人工歯装着

人工歯の装着

人工歯を装着して完了となります。治療終了後は、インプラントを長持ちさせるため定期的な検診が必要です。

より安全な治療のために

歯科用CT

基本的なことですが、審査・診断を確実に行うこと、常に技術の向上を目指すことにより、安全なインプラント治療を行っています。

また、衛生面やプライバシー保護の面から、完全個室をご用意し、安全でリラックスしながら治療を受けて頂けます。

骨の量や高さが足りない場合は

インプラント治療には十分な骨の量や高さが必要になります。
検査の結果、骨の量や高さが足りなかった場合は、造骨法による造骨後にインプラント治療が可能になります。

骨の量や高さが足りず他院でインプラント治療を断られた場合も、造骨法により治療が可能になる場合があります。

上顎の骨を増やすサイナスリフト

上顎臼歯部上に、上顎洞(サイナス)と呼ばれる大きな空洞があります。
骨の厚みが不足すると、この空洞部分が広がり、インプラントを埋入するために必要な骨の高さが足りません。 この部分に骨移植などで造骨する方法がサイナスリフトです。

顎の骨の切開

顎の骨の切開

歯肉と顎の骨を切開します。

人工骨の充填

人工骨の充填

上顎洞と顎骨の間に空間を作り、そこに人工骨などを充填します。

インプラントの埋入

インプラントの埋入

骨の再生を待ち、インプラントを埋入します。

上顎の骨を増やすソケットリフト

サイナスリフトと同様、上顎臼歯部の骨量が不足している場合に行われる造骨法です。
インプラントを埋入する穴から治療を行うため、傷口は小さくてすむのですが、 再生される骨量に限界があるため、骨の状態により選択できない場合があります。

骨の厚みが足りない

骨の厚みが足りない状態

インプラントを埋入する骨の厚みが足りない状態です。

人工骨の充填

人工骨の充填

上顎洞と顎骨の間の粘膜を専用の器具で押し上げ、人工骨を充填します。

インプラントの埋入

インプラントの埋入

人工骨を充填後、インプラントを埋入します。

骨を再生させるGBR

GBR(骨誘導再生)とは、骨組織を再生させる治療法です。 一般的に下顎の一部から骨を採取し、骨の不足している場所に移植します。
その上に人工膜をかぶせ、骨が再生するためのスペースを作ります。
数か月で骨が再生されますので、その後にインプラント治療を行います。

骨の幅が足りない

骨の幅が足りない状態

インプラントを埋入する骨の幅が足りない状態です。

人工骨の充填

人工骨の充填

骨が足りない部分に人工の骨を充填し、特別な膜で覆います。

インプラントの埋入

インプラントの埋入

骨の再生後、インプラントを埋入します。

ページトップへ